Loading
木漏れ日

トップ > 地域福祉活動 > 福祉委員

福祉委員

主な役割

福祉委員とは、福祉問題を抱え、支援を必要とする高齢者、障がい者、児童その他の要援護者およびその家族に対して、その人々の立場に立って、地域ぐるみで支えあう、町内を中心に活動をお願いする地域福祉の推進者です。

(1) 福祉問題の早期発見・キャッチ
(2) 近隣の協力者の開拓と近隣住民の助けあい活動の推進
(3) 当事者の仲間づくり
(4) ご近所福祉ネットワーク活動の協力者
(5) 研修会等への参加

福祉委員のてびき(PDF)
福祉委員の推薦書(WORD)

主な活動

1.町内の見守り活動(随時)
近所の高齢者やお子さんなどで福祉に関する悩みやトラブルがないか、日常生活の中でさりげなく見守り活動
<実例>
・見守り活動中に、気になったことや不信に思ったことがあり民生委員・児童委員や鯖江市社会福祉協議会など関係機関に相談した。
・町内で見守りチームを結成し、定期的に巡回を行っている。
・ご近所福祉ネットワーク活動の活動協力を行っている。(説明会の実施や参加)

2.民生委員・児童委員との協力(随時)
 民生委員・児童委員と協力し、町内における見守り活動を行うと共に、支援を必要とする人を発見した場合の報告

3.ふれあいサロンへの協力(鯖江市内で100サロン)
毎月1~2回開催される65歳以上の高齢者を対象とした『ふれあいサロン』の手伝い
<実例>
・サロン会場の準備をしています。
・サロンリーダーのフォローし、参加者の見守りを行っています。

4.『ひとり暮らし高齢者のつどい』への協力(各地区年1~2回)
 各地区社会福祉協議会・民生委員・児童委員などが中心となり、毎年開催される『ひとり暮らし高齢者のつどい』の運営スタッフの一員としての手伝い
<実例>
・事前打ち合わせなど会議へ参加しています。
・つどい前日・当日に、スタッフとして会場設営や、参加者の見守りを行っています。

5.地区での福祉活動や研修への参加(随時)
 町内の行事や研修会への参加
<実例>
・民生委員・福祉協力員合同研修会(年2回)
・ワクワクふれあい広場(年1回)
・世代間交流事業(年1回)
・赤い羽根共同募金街頭募金(年1回)など
※行事や研修会は地区によって異なります。

連絡先

鯖江市社会福祉協議会

〒916-0022 福井県鯖江市水落町2丁目30-1 アイアイ鯖江・健康福祉センター内

(TEL)0778-51-0091(FAX)0778-51-8079

社会福祉協議会とは?
「社協」の略称でも知られている社会福祉協議会。その概要や活動内容をご紹介いたします。
地域福祉活動
高齢、障がいなどの事情から福祉サービスを必要とする個人、家族の自立を身近な地域社会の場の中で支援する活動です。
福祉サービスの利用支援
福祉サービスの利用に関する情報の提供・相談・利用申込み、契約の代行・代理相談等を行います。
高齢者の方のための福祉サービス
ケアプラン作成やホームヘルプ・デイサービス・訪問入浴など高齢者の在宅生活を支援する介護保険サービスです。
障がい者の方のための福祉サービス
デイサービス・日中一時支援・ホームヘルプなど障がい者の在宅生活を支援するサービス(自立支援法)です。
アイアイ鯖江・健康福祉センター
平成18年度より管理・運営を行っています。施設の概要や貸出料金等のご案内です。
鯖江市共同募金委員会
赤い羽根の募金活動でお馴染みの共同募金会の目的や活動内容をご紹介いたします。
さばえ社協だより
年6回市内全世帯へ配布している広報紙です。さまざまな福祉情報を提供しています。