Loading
木漏れ日

トップ > 地域福祉活動 > ボランティアセンター

ボランティアセンター

ボランティアって何?

ボランティアとは英語で「Volunteer」と書きます。自由意思を意味するラテン語の(Voluntas)に、ヒトを表す接尾語の「er」をつけてできた言葉です。これが英語となり"志願"や"自発性"を意味する「ボランティア」として使われるようになりました。社会的な問題の解決のために自ら進んで活動(運動)を志す人です。

阪神・淡路の大震災、ロシアタンカーの重油流出事故においてはたくさんの方がボランティアとして活躍しました。これはだれもが持っている"ほおっておけない"、"何とかしたい"という気持ちを"行動"に表したものです。日常の生活の中においても、お年寄りが重い荷物を持って歩いている。あるいは、車椅子の人が段差のあるところで困っているなど「できることを できるときに できる場所で」行う活動です。そしてこれは、年齢、性別、を問わず、だれもが気軽に参加できる活動です。

今、この活動は自分の住んでいる地域社会から国際的な領域まで広がっており、活動の分野も福祉だけにとどまらず、環境、子育て、まちづくりなどあらゆる分野におよんでいます。あなたもボランティア活動に参加してみませんか。

どんなボランティアがあるの?

ボランティアと言えば「災害時に現地へ行って復興活動を行う」東日本大震災などでのボランティア活動がまず真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか?でもボランティアと一口に言っても種類はさまざま…。まず自分のできそうなこと、得意なことから始めてみませんか?ボランティアを始めたい方の各種講座も行っています。

おもなボランティア活動一覧

ボランティアの3原則

・自発性・自主性

ボランティア活動は他人から強制されたり、義務として押しつけられたりするものではありません。自らの自発的意思に基づき行う主体的な活動です。活動することを決めるのは本人の自由意志によってなされるものです。

・福祉性・公共性

いくら自発的な活動とは言っても、自分個人だけの思いや自分勝手な活動では意味がありません。活動を通して関わりを持つ人とのふれあいを大切にし、周囲に迷惑をかけない、常に社会にも認められた活動となるよう心がけましょう。

・無償性・非営利性

報われることを期待したり、活動に対して収入を得るために活動を行うことはボランティア活動の原則からはずれます。最近ではボランティアを必要とするところで実費分を負担してくれたり、活動費として補助金をもらえるようにもなってきていますが、ただ、こうしたことが当たり前とならないで、見返りが金銭でなく人との出会いや喜びを見返りとして考えたいものです。金銭では得られない大きな喜びがボランティア活動にはあるのです。

鯖江市ボランティアセンターでは

・ボランティアコーディネーター

ボランティア活動を希望する人に活動先を紹介したり、ボランティアを求める人との橋渡しをします。

・ボランティア活動に関する相談・情報提供

ボランティア活動に関するさまざまな情報を提供します。また、ボランティアに関する問合せや相談に応じます。

ボランティアサロンの実施

「ボランティアサロンって何するの?」「ボランティア活動ってどんなものがあるの?」「ボランティア・・・私もやってみたいけどどこへ行ったらいいの?」こんなことを感じている方ちょっとサロンをのぞいてみてください。

ボランティアイラスト

≪日 時≫ 毎月第1土曜日と第3土曜日 13:30~15:30

≪場 所≫ アイアイ鯖江・健康福祉センター 2階ボランティアサロン

★サロンではこんなことをやってるよ!

ボランティア相談、登録、斡旋、ボランティアグループ活動紹介、ビデオ学習

・ボランティア講座・研修会の開催

ボランティア活動を始めたい人に各種講座を開催しています。また、活動中のボランティアのスキルアップ(技能や能力を向上させること)のための研修会も開催しています。

★音訳ボランティア勉強会

★点訳ボランティア養成講座

★手話通訳ボランティア養成講座

★外出付き添いボランティア講習会

★サマーボランティア体験

・ボランティアの登録

ボランティアの登録を行っています。登録は、個人登録とグループ登録があり、登録すると研修会の案内やボランティア情報紙など各情報がとどけられます。

・ボランティアグループへの支援

グループへの活動支援、組織化を行っています。また、グループ活動の紹介も行っています。

・ボランティア活動の啓発(福祉学習・教育活動)

児童、生徒を対象に福祉教育活動の推進するとともに、住民を対象としたボランティア講座などの開催、啓発を行っています。

★市内全小中学校を福祉協力校に指定し、福祉の啓発・推進

★広報紙『ひなた』を発行

・調査・研究

ボランティア活動の実態調査や高齢者、障害者などの課題ニーズ調査を行っています。

・ボランティア活動保険の窓口

ボランティア活動に安心して取り組めるよう、ボランティア活動保険や行事保険などの窓口業務を行っています。

お問い合わせ先

鯖江市社会福祉協議会 ボランティアセンター

〒916-0022 福井県鯖江市水落町2丁目30-1アイアイ鯖江・健康福祉センター内

(TEL)0778-51-0091(FAX)0778-51-8079

社会福祉協議会とは?
「社協」の略称でも知られている社会福祉協議会。その概要や活動内容をご紹介いたします。
地域福祉活動
高齢、障がいなどの事情から福祉サービスを必要とする個人、家族の自立を身近な地域社会の場の中で支援する活動です。
福祉サービスの利用支援
福祉サービスの利用に関する情報の提供・相談・利用申込み、契約の代行・代理相談等を行います。
高齢者の方のための福祉サービス
ケアプラン作成やホームヘルプ・デイサービス・訪問入浴など高齢者の在宅生活を支援する介護保険サービスです。
障がい者の方のための福祉サービス
デイサービス・日中一時支援・ホームヘルプなど障がい者の在宅生活を支援するサービス(自立支援法)です。
アイアイ鯖江・健康福祉センター
平成18年度より管理・運営を行っています。施設の概要や貸出料金等のご案内です。
鯖江市共同募金委員会
赤い羽根の募金活動でお馴染みの共同募金会の目的や活動内容をご紹介いたします。
さばえ社協だより
年6回市内全世帯へ配布している広報紙です。さまざまな福祉情報を提供しています。