Loading
草原イメージ

トップ > 活動報告一覧 > 鯖江市社会福祉協議会法人設立50周年記念 ボランティアまつり2018

鯖江市社会福祉協議会法人設立50周年記念 ボランティアまつり2018

今年のテーマは「みんな集まれ 笑顔の輪」

2018/11/11

11月11日(日)、アイアイ鯖江・健康福祉センターにおいて、『鯖江市社会福祉協議会法人設立50周年記念 ボランティアまつり2018』を開催し、今年のテーマは、参加された方はもちろん主催者側も楽しめるようにという意味を込めて「みんな集まれ 笑顔の輪」としました。

このまつりは、市民の方々にボランティア活動について知ってもらいたいとの思いから、日頃よりボランティアとして活躍している18名のボランティアが実行委員として、内容の検討から会場レイアウトまで、打ち合わせを繰り返しました。

今年は、鯖江市社会福祉協議会が法人設立して50年になる節目の年になるため、開会式とともに記念式典を執り行いました。
鯖江市長様をはじめ多数の来賓のご来場と祝電をいただきました。
そして、ボランティア川柳の授賞式を行いました。
今年は、福井県内でジュニア・一般合わせて777件の応募をいただきました。
応募作品は、鯖江番傘川柳会 会長 中村 吉範氏に選考いただき、ジュニアの部 34作品、一般の部 14作品が入選したため、表彰式を行いました。

ボランティアまつり2018写真1 ボランティアまつり2018写真2

やすらぎの広場では、ボランティアグループによる活動発表で、色とりどりの衣装を身につけて歌や踊りなどを披露しました。

ボランティアまつり2018写真7 ボランティアまつり2018写真3 ボランティアまつり2018写真4

多目的ホール・大会議室では折り紙やマジック、車いすなど日頃なかなかできないことを実際に行う体験コーナーを設けて、スタンプラリー形式で回ってもらいました。

お昼には、和室にて毎週金曜日にひとり暮らし高齢者へ配食サービスを実施している食事作りボランティアの皆さんによるカレーライスの無料配布を行いました。
その他にも、やすらぎの広場では毎年恒例となった鯖江市赤十字奉仕団による餅つき大会やボランティアまつり実行委員会によるお楽しみ抽選会も行われ、約600人の来場者で賑わいました。

ボランティアまつり2018写真5 ボランティアまつり2018写真6
社会福祉協議会とは?
「社協」の略称でも知られている社会福祉協議会。その概要や活動内容をご紹介いたします。
地域福祉活動
高齢、障がいなどの事情から福祉サービスを必要とする個人、家族の自立を身近な地域社会の場の中で支援する活動です。
福祉サービスの利用支援
福祉サービスの利用に関する情報の提供・相談・利用申込み、契約の代行・代理相談等を行います。
高齢者の方のための福祉サービス
ケアプラン作成やホームヘルプ・デイサービス・訪問入浴など高齢者の在宅生活を支援する介護保険サービスです。
障がい者の方のための福祉サービス
デイサービス・日中一時支援・ホームヘルプなど障がい者の在宅生活を支援するサービス(自立支援法)です。
アイアイ鯖江・健康福祉センター
平成18年度より管理・運営を行っています。施設の概要や貸出料金等のご案内です。
鯖江市共同募金委員会
赤い羽根の募金活動でお馴染みの共同募金会の目的や活動内容をご紹介いたします。
さばえ社協だより
年6回市内全世帯へ配布している広報紙です。さまざまな福祉情報を提供しています。